つるこぽん

2015年10月号 vol.22

ツルハシブックス十人十解釈~元店員サムライ 今井あゆみ~

2015年10月31日 14:48 by iketo_hirokuni

ツルハシブックスとは、人生の通過地点である。


以前よく来ていたお客さんが最近パッタリ来ないなぁ、という経験がよくある。でもそれを私自身あまりネガティブに捉えていないのは、この場所が人生の通過地点だと思っているからだろう。

学級文庫に置きますといって本を買っていたあの先生、店づくりを手伝ってくれた美術部のあの子、本を読みあさりモヤモヤと向き合っていた大学生の彼…それぞれがそれぞれのタイミングでツルハシブックスと出会い、あの扉を開ける。

長い人生の中で、たまたま通りすがっただけだった。居心地がよくて長居する人もいれば、ここで次の旅の準備をして行く人もいる。

旅立った後は存在すら忘れてしまうのかもしれない。でも、ふとしたときに、そういえば変な店に行ったことがあったな、と思い出してもらえたら嬉しい。そして私自身も、変な店で働いていたな、と思い出すのだろう。

元店員サムライ 今井あゆみ


関連記事

ツルハシブックス十人十解釈

2015年12月号 vol.24

ツルハシブックス十人十解釈 ~劇団員 佐藤惠子~

2015年11月号 vol.23

ツルハシブックス十人十解釈

2015年09月号 vol.21

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2016年08月号 vol.30

今回は職場体験でツルハシブックスに来てくれた中学生たちにインタビューをして...

2016年07月号 vol.29

今回はお客さんたちから「サカノさん」に関する川柳を募集しました。 ウェブ版...