つるこぽん

劇団員名鑑

LET’S PLAY!!人生は演劇だ  〜ツルハシ劇団員のスタートによせて〜

2014年09月01日 18:37 by yamada_masashi

「演劇だと思ってるんです。俺、自分の人生が」


これ、坂口恭平というアーティスト、作家、建築家の言葉。

2011年5月に熊本に独立国家を作り、自らを「新政府総理大臣」と名乗りました。彼は当初から自分のつくった新政府は「集団演劇」だと言っていました。

 

これはみんなで編み出して行く自分たちが生きるための演劇なのだと。


「あなたは何大臣ですか?」

そう言って、新政府への参加を呼びかけ、自分で自分の役をつくって、主体的にそれを演じるように人々に呼びかけました。

 


僕、山田正史は、ツルハシブックスの「劇団員」スタートによせて今回文章を寄稿させてもらいます。「つるさんぽ」の記事を毎月2回書いていたら、書くことが習慣化して面白くなってきました。なので、今回も寄稿させてもらいました。

どうかお読み頂ければと思います。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

菅井杏珠個展「Farewell,farewell to you」で歌ってきたの巻

2015年03月号 vol.15

新大美術科の「卒展」に行ってきた!〜のんたんレポート〜

2015年02月号 vol.14

やしち酒店の2階のギャラリーで内野の写真展に行ってきた!

2015年01月号 vol.13

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2016年08月号 vol.30

今回は職場体験でツルハシブックスに来てくれた中学生たちにインタビューをして...

2016年07月号 vol.29

今回はお客さんたちから「サカノさん」に関する川柳を募集しました。 ウェブ版...